本文へ移動
新しいうつ病治療「rTMS療法」導入について
 鳴門シーガル病院では、2020年4月より、うつ病治療の一つとして「rTMS療法(経頭蓋磁気刺激療法)」を導入いたします。rTMS療法はうつ病の新しい治療方法で、微弱な電流(渦電流)により脳の神経細胞を刺激して脳機能を調整する治療方法です。この度の導入により鳴門シーガル病院は、中四国で初めて、保険を適用してrTMS療法が受けられる病院となります。

 rTMS療法について詳しい情報をお聞きになりたい方は、下記リンク先のrTMS療法関連ページをご確認いただき、当法人内の主治医、または鳴門シーガル病院にお電話でご相談ください。

 鳴門シーガル病院 rTMS療法関連ページはこちら
2
0
6
1
4
5
TOPへ戻る