本文へ移動

rTMS療法(経頭蓋磁気刺激療法)

鳴門シーガル病院

rTMS療法(経頭蓋磁気刺激療法)とは

 鳴門シーガル病院では2020年4月より、うつ病治療の一つとして「rTMS療法(経頭蓋磁気刺激療法)」を導入いたしました。rTMS療法はうつ病の新しい治療方法で、微弱な電流(渦電流)により脳の神経細胞を刺激して脳機能を調整する治療方法です。
 この度の導入により当院は中四国で初めて、保険を適用してrTMS療法が受けられる病院となり、県外からも多くの患者さんが治療に来られています。
 

rTMS療法の対象となる方

①うつ病の診断を医療機関で受けている方
②現在、1種類以上の抗うつ薬の服薬治療を受けている方
③心理検査で中等度以上のうつ病と診断できる方
④少なくとも6週間の入院が、時間的・経済的に可能な方
⑤てんかんの既往がない方
⑥入院中、治療スケジュールが変更となる可能性がありますが、それを了承していただける方
⑦入院中の服薬遵守を約束していただける方
⑧希死念慮(自らの手で死にたいと思う気持ち)まで至っていない方

当院での治療について

 治療効果を高めるため、入院治療が原則となります。入院期間中は、個室病床(机・ロッカーなどの家具、シャワー室、洗面台、トイレ、エアコン、ナースコール、Wi-Fi環境)で入院していただけます。

 入院案内についてはこちらをご確認ください。

睡眠検査の導入について

 これまで当院では、磁気刺激が治療に及ぼす効果は、主に心理テストで評価をしてまいりました。このたび、より一層の評価を行うため睡眠脳波計測サービス「インソムノグラフ」を導入いたしました。

 睡眠の状態を経時的にみることで、その変化の有無を確認し、うつ病からの回復をより実感できると考えております。
(※インソムノグラフの使用は、希望者のみです。強制的に行うものではございません。)

インソムノグラフについてはこちらをご確認ください。

臨床研究に関する情報公開について

 医学系研究にご参加頂くにあたっては、研究担当者が研究の目的や方法を十分説明した後で、参加いただく方のご同意を頂くことが前提となります。一方、国が定めた倫理指針(「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針」)に基づき、診療データ等の情報や余った検体のみを用いる研究については、直接同意を頂く代わりに情報の利用目的等、研究の詳細についての情報を公開し、情報等の研究への利用について患者さんご自身が拒否できる機会を保障する「オプトアウト」という手法を用いて行われることがあります。
 
 鳴門シーガル病院ではオプトアウトを利用して下記の研究を実施中です。
研究のためにご自身のデータや検体が使用されることを望まない方は、各研究の担当者までお知らせください。

お問い合わせ

 当院でのrTMS療法について詳しい情報をお聞きになりたい方は、お電話または当法人内の主治医にご相談ください。
 
 お問い合わせ先:鳴門シーガル病院 TEL:088-688-0011(代)
2
1
1
2
3
3
TOPへ戻る