デイケアブログ

 
フォーム
 
英語カフェに行ってきました!
2019-05-29
地の利を生かす当デイケアですが。
 
時々デイでは、プログラムで、カフェ形式で英会話を楽しむことがありました。
 
基本的なあいさつや、お店での注文の仕方などの会話をして、実際にコーヒーやお茶菓子をいただきます。
 
 
でも、ネイティブの人たちとの交流が、一番活きた英語に触れる機会ですよね。
 
探したところ、デイから徒歩圏内にありました英語カフェ。
一般の方たちもいたので、撮影は禁止でしたが、メンバー10名程度で行ってきました。
 
英会話カフェT-Placeというところでした。
外国の方と自由に、お茶を楽しみながら英語で会話をしよう、というコンセプトで、
初心者の方もOK、時間制でお支払いがありますが、飲み物は無料だそうです。
徳島に居ながら海外気分が味わえる?!
 
あいさつするのも最初はドキドキでしたが・・・。
そこはプランツ博士がスマホを駆使して頑張ってくれまして、それなりに会話もできたようです。
日本語のわかるスタッフもいてくれて安心でした。
 
緊張しながらも楽しめたようです。
行ってしまえばなんとかなるもんですね?
 
でももうちょっと喋れたらよかった!という声も。
またデイで英会話を覚え、挑戦していきたいと思います。
 
和柄第2弾!和柄くるみぼたん!!
2019-05-21
更新の都合で、なんだか連続しておりますけれども・・・。
 
和柄レジン、次どうする?ということをスタッフ同士話しをしておりまして。
 
あれこれ意見を出し合っておりましたが、
モモOTが「くるみぼたんは和紙もOKらしい」という情報を持って来てくれまして。
 
なんですと?それはいいことを聞いた。じゃあやってみよう!と材料をあれこれ揃え、
モモOTもあちこちから素材を集めてきてくれました。
 
丈夫といっても、もともとは紙ですから、そのまま置いておくと破れたり毛羽立ったりするので、
 
コーティングはレジンにするか、それともデコパージュのトップコートにするか、
はたまた防水スプレーをするか(モモOTが家からでっかいのを持って来てくれました)
 
あーでもないこーでもないと、朝からあれこれ試してサンプルを作ってみました。
 
 
アイディアが豊富なモモOTは持参したチュールレースをくるみぼたんに飾ってみたり、
ついあれこれ盛ってみたくなるCP(心理士)は、くるみぼたんのうえにこれでもかとパーツを盛りつけて見たり
力持ちかつ手先の器用なKPSWは、とうとうくるみぼたんの固い金具を外すことに成功した結果、
髪留めパーツや安全ピンなどあらゆるパーツを付けられる職人と化し、
 
プログラム準備を通して、スタッフが団結してしまったひと時でした。
 
結果として、とてもよかったですくるみぼたん。
 
工程としては、柄を選ぶ、型紙を切る、セットして作る、という3ステップ。
 
スタッフが作ったサンプルを見て、こんなんがいいとか、次はあれをやりたいとか。
 
髪の長い人はヘアゴム、男性や髪の短い女性は缶バッジ、そのほかヘアピンも。
サイズを変えればイヤリングや、ペンダントにもできそうです。
 
ところで、
創作活動が好きな方が多いとはいえ、
調子によっては、しんどいなー、だるいわー、作るんきらいよ、
そんなメンバー様だっています。
 
もちろん寝ていてもOKですが、今回は、簡単そうだしなんか楽しそうにしてるし、
じゃあやってみようか?と腰をあげやすかったようです。
 
 
簡単だけど、少し手先を動かして、苦痛でない程度の手間をかけて、でも楽しい、
仕上がったことで達成感を味わえ、気分も少し持ち上がる、
 
なんだか欲張りですが、そんな創作活動を増やせたらいいなと思っています。
そのための準備ならスタッフも、どんどん頑張れるなーって思いました。
 
 
でも、
もちろん、寝ててもOKです!
頑張って作らないと、と気負うこともありません。今日はしんどい、寝ていよう。それもありです。
またやってみたくなったらやってみればいいのです。
 
ちょっと見てみよう、いやだったらやめとこ。くらいの気持ちお越しくださいね!
 
 
 
和柄折り紙でレジンアクセサリー
2019-05-21
デイのお近くには、デパートそごう、があります。
そこでは、「○○展」などもよく開催されており、みんなで見に行くことも多いです。
 
少し前になりますが、「京都展」が開催されていました。
 
うまいものいちなどと異なり、食べ物だけでなく、京都ならではの工芸品なども多く出品されています。
(もちろん食べ物もたくさん出ているので、みにいくと試食を少々・・・。これもひとつの楽しみです)
 
縮緬細工や和柄のおもちゃなど、みているだけでも優雅な気持ちになるのですが、
そこで、某スタッフが小さい和紙の折り紙を入手しました。
しっかりした厚みがあり、いろいろな和柄がなんともいい感じ。
 
これ何かに使えないかな?
 
ということで、やりましたのが「和柄でレジンアクセサリー」
 
アクセサリー作りはよくやっていますが、どうしても女性向になりがちです。
男性メンバー様もつくることが好きな方もいるので、比較的よく取り組んでくれるのですが、
やはり自分で使いやすいものを作れたらよりいいだろうと思っていました。
 
メンバー様からは、ズボンのベルト通しにつけてチャームにしてぶら下げたいと言う意見もでて
和柄は男性にも抵抗がないようです
(ちなみに、当デイのプランツ博士も和柄好きです)
 
手始めに、まず折り紙で手裏剣を作りました。
それをレジンでコーティングして、ストラップに。
 
女性メンバー様の中には自分でバラの花を折って用意してきてくれた人もいましたので、
その方はバラの花を作りました。
コーティングすると紙の質感が変わって痛みにくくもなります。
 
難易度や手間など、改良の余地はたくさん!ですが、みんな根気よく作ってくれました。
 
少しずつグレードアップさせていきたいと思っています。
 
 
就労準備支援
2019-05-21
障害者職業センターの支援にはリワークだけでなく、
 
「就労準備支援」
 
という支援があります。
 
今は仕事から離れていて、でも療養してだいぶ落ち着いてきたから
そろそろ社会復帰を考えたい、という方の為の支援も行っているとのこと。
 
 
当クリニックでは、常々、仕事から離れているけど、社会復帰の準備をしていきたい・・・、
という方の支援を、デイケアを通してスタッフ全員で行っています。
 
まずは第一歩としてデイケアを活用する、その後どのような形かで、就労へ旅立っていく・・・
という流れですが、
 
人によっては、デイケアがぴったりこないかたや、希望されない方もいます。
また、もっと就労に特化したプログラムを集中的に受けたい!と希望されている方もいます。
 
デイだけで抱えるのではなく、もっとその人その人に向いたところに
ご紹介できないだろうかと考えていました。
 
5月21日に、障害者職業センターの方にお越しいただいて、まずはスタッフ向けに
センターで行っているリワークや就労準備支援という支援が
どのようなものなのか、どのような流れで行っているのかを、研修として教えていただきました。
 
約一時間の研修でしたが、支援の流れがよくわかり、本当によかったと思います。
スタッフは、それぞれ外来やデイケアに来られている方の顔を思い浮かべながらきいていました。
 
質疑もたくさん出て・・・。それぞれスタッフが心配な事、気になったことを共有できました。
 
就労準備支援は、支援期間が最大3か月とのことなので、
ある程度生活リズムを整えておくことが必要になりますが・・・。
 
事前に相談や検査を通して、納得のいく方針を立ててからのスタートです。
デイケアスタッフに加え、さらに専門的の方たちを交えてみなさんを支えていくことになります。
 
これからは、障害者職業センターの方とも連携をとり、
色々な角度からの、幅広い就労支援を行っていけたらと思っています。
 
色々な機関の方たちとのご縁も大切に、メンバー様、外来患者様の支援を
していけたらと思います。
 
 
 
就労探検隊
2019-04-12
この4月からはじまりました活動の一つに
 
「就労探検隊」
 
というプログラムがあります。
 
当デイからは、毎年数名のメンバー様が就労へと旅立っています。
スタイルは、デイと併用だったり、A型やB型の作業所だったり、フルタイムの就労だったり様々です。
それぞれの希望に合わせた就労スタイルを一緒に考えて、
無理のない就労支援を行っております。
 
現在も、就労準備中のメンバー様が数名控えております。
 
デイの利用者様以外でも、外来通院の方でも復職や就労準備をしている方が数名おり・・・。
 
当クリニック、当デイの就労支援も、活性化してきています。
 
そんな中で、立ち上がったのがこの度の「就労探検隊」
 
まずは月1回の取り組みからスタートです。
 
先日第1回が終わりました。
前回の様子が、担当スタッフより届いておりますので、どうぞご覧ください♪
 
 

多くの利用者様が参加してくださり初めての就労探検隊スタートです。

 

就労探検隊その①は

 

駅のハローワーク

ジョブカフエ

サポステ

ハローワーク

 

を見学し就労情報を収集してきました。

 

ジョブカード、中央テクノスクール、ポリテクセンター徳島、ハロートレーニング、職業訓練、長期療養者職業窓口、ミニ就職支援セミナー、就労支援セミナー、就職支援ナビゲーター、早期就職支援コーナー、わかもの支援コーナー、等々その他にも色々な情報が・・・・・・新しい知識を得ることができました。

 

内容を整理しPSWのコーナーでアウトプットし、

当日参加できなかった利用者様も同じ体験ができるように情報の共有をする予定です。

 

就労探検隊その②はベリーズにランチへ(5月)

 

就労探検隊その③はサスケ工房見学予定です。(6月)

 

ぜひ、多くの皆様で作業所の見学に行けることを楽しみにしています。

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 
 
 
当デイケアでは、一人一人のニーズに合わせたきめ細やかな就労支援を行っています。
 
いますぐ働きに行く!ということでなくても、そのうちに・・・と考えているなら、
一緒にまず見に行ってみませんか?
 
興味のある方は、どうぞお問い合わせだけでも大歓迎です。
 
 
 
 
 
 
 
<<社会福祉法人小渦会 鳴門シーガル病院>> 〒771-0361 徳島県鳴門市瀬戸町堂浦字阿波井57番地 TEL:088-688-0011 FAX:088-688-0314